水道の水漏れをすぐに修理して解決すべき理由とは

水道の水漏れをすぐに修理して解決すべき理由とは 水の出るところには、ほとんどの場合、蛇口が設置されています。キッチンや洗面所はもちろん、お風呂場やトイレなど、水道は毎日の暮らしに欠かせない存在です。使用頻度が高いため、水回りにトラブルが発生すれば、生活の質に大きく影響してきます。軽微な水漏れなども見逃さず、適切に対処することが大切です。

■家庭内で水漏れしやすい場所

水漏れでもっとも多いのは、蛇口周辺からのものです。キッチンシンクや洗面台の下も、水漏れの起きやすい場所です。給水管のまわりに水が漏れていないかどうか、定期的に確認をする必要があります。
お風呂場や屋外で使用するシャワーヘッドにも注意が必要です。手元で水流をオンオフできるタイプのものは、オフの状態でも完全に水が止まっておらず、少量の水が出続けていることもあります。使い終わったら必ず蛇口を閉めることが大切です。
蛇口にホースでつないで使う洗濯機も、ホースがずれると水が漏れる可能性があります。水漏れを防ぐためには、ワンタッチで取り付け可能で、ホースが外れた場合には瞬時に給水を停止するストッパー付きのジョイントを使うのがおすすめです。
トイレもトラブルの起きやすい場所のひとつです。トイレタンクには水を流した後自動的に水が貯まり、量を調節する仕組みが備わっていますが、部品の故障により、手洗い管や便器内の水が流れ続けたり、給水が止まらなくなったりすることがあります。使用後は気が付きづらいので、使用前にチェックするようにしましょう。

■水漏れの主な原因
水道 修理が必要な水漏れが起こる最も大きな原因は、部品の老朽化と経年劣化です。特にパッキンなどゴム製の部品は時間の経過とともに劣化しやすく、一般的には10年程度が寿命だと言われています。キッチンなど使用頻度の高い場所は特に劣化が激しいため注意が必要です。部品だけでなく水道管や配管の破損も水漏れが起こる原因となります。
接続部分に使われているナットと呼ばれる部品の緩みも、水道の水が漏れる大きな原因のひとつです。接続部分も定期的な水回りのチェック項目に加えておきましょう。
水漏れは、家の中だけで起こるわけではありません。気温がマイナス4度以下になると、屋外のむきだしになっている配管や蛇口の凍結、破裂が増えます。保温材を取り付ける、少量の水を出しておくなど予防措置を講じるのはもちろん、凍結した場合には破裂しないよう、タオルを乗せた上からぬるま湯をかけるなど、配管や蛇口にダメージを与えないようにすることが大切です。

■迅速な水道 修理が必要な理由

閉めている蛇口からポタポタと水が漏れる、接続部分や根元から水がにじみ出すケースのほか、蛇口が折れて水があふれ出すこともあります。蛇口付近から水が漏れていないかどうか、チェックする癖をつけましょう。また、万が一水漏れが発生している場合、応急処置として蛇口のすぐ近くに設置されている止水栓を閉めたり、屋外の元栓を閉めることによって水の供給を一時的に止めることができます。
蛇口や配管から水が漏れている場合、放置すれば水道料金がかさんでしまいます。漏れている場所によっては水浸しになって家財や建物に被害が出たり、マンションやアパートなどの集合住宅の場合には損害賠償など、ご近所トラブルに発展しかねません。これくらいは大したことないと甘く見たりせず、水漏れの程度に関わらず早急に水道 修理を行うことが大切です。

■まとめ
パッキンなどの経年劣化は避けることはできませんが、使用頻度や水道の使い方によって蛇口や部品の寿命は大きく違ってきます。蛇口をきつく閉めるとハンドルに負担がかかって故障の原因となるほか、高すぎる水圧はパッキンを摩耗させる原因となります。水回りのトラブルを防ぐためには、水道を正しく使うこと、10年を目安として使用頻度に応じてパッキンを交換するなどの心がけをすることが大切です。定期点検や配管掃除などを定期的に行うのもよい方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース